綴り帖
日記主体のブログとは別に、まとまった、時にはまとまっていない考えや思う事を書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口笛
先セメスターの途中から、自分は口笛を吹く事が多くなりました。
とある人の影響です。

彼は自分の実習先だったバレーボールチームのスタジアムで働いている陽気なおっさん。

彼の仕事は、スタジアムの掃除、大会があれば設営、つまり体育館の管理です。

アスレティックトレーナーも黒子的なポジションであるけれど、彼らもまた同じ。

彼と同じ仕事をしている人が、他にも数人いたのだけれど、例え同じ作業をしていたとしても、自分の目には、違う作業をしているように見えたんです。

それは、彼が口笛を吹いていたから。

ゴミ箱の中のゴミを回収している最中でも、(何の歌かしらないけれど)ピューピュー縦笛で口笛を吹きます。

それだけで、なんだか楽しそうに見えてきました。

そんな彼の影響を受けて、自分もATRの掃除をしている時や水汲みをしている時に口笛を吹くようになりました。

そうすると、気分が違うんですね。

「ユウスケは水汲みがそんなに楽しいの?」

と聞かれた事もありました。

ええ、楽しい「気」になるんです。


試して見てくださいな。
日々の何気ない作業が、楽しくなってくるハズです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。